離婚する前にできることがある

本当に離婚するのか考え直す

理解してもらおう

自分がモラハラだと気づかないで、相手に嫌なことをしている人が見られます。
しかしモラハラだと自覚すれば、努力して改善してくれるかもしれません。
一時は離婚寸前までいったけれど、話し合いを重ねて何とか関係を修復できた夫婦も存在しています。
自分が相手かの発言や行動で、どれだけ傷ついているか伝えてください。
しかしこの時、強い口調で言うのは控えてください。

すると相手も反論して、ケンカになるケースが多いです。
優しく言うことで、相手も冷静かつ真剣に受け止めてくれるはずです。
モラハラの被害がまだ小さい時は、話し合いで解決します。
お互いを好きになって結婚したのですから、すぐ離婚するのはもったいないです。
ゆっくり話し合ってください。

相手に認めさせる工夫

発言に傷ついていると伝えても、それだけの説明では理解してくれない可能性が高いです。
まずは、どんな発言や行動をモラハラだというのか理解させましょう。
事例を見せることで、自分も同じことをしていたとわかってくれるはずです。
似たような事例を探して、相手に見せつけてください。
反省しているようだったら、関係を修復できます。

最近はモラハラを取り上げている雑誌や、テレビが多いです。
それを一緒に見るのも、いい方法ですね。
お互いがモラハラに対して、理解を深めることが大事です。
相手の発言で苦しんでいる場合は、ガマンしないでください。
ガマンしていると、どんどんストレスになってしまいます。
早めに伝えることで、改善できる確率が上がります。


この記事をシェアする